【おすすめTシャツ紹介】 GLIMMER ドライTシャツ

  1. 6767 view

こんにちは。+you.ORIGINAL 編集部です。

今回の【おすすめTシャツ紹介】記事は、オリジナルTシャツ作りに役立つ情報をたっぷりお届けします!

今回はオリジナルプリント.jpの各種ドライTシャツの中でもロングセラーを誇る、「GLIMMER ドライTシャツ」をご紹介!
ぜひオリジナルTシャツ作りの参考にしてくださいね。

もくじ

  1. GLIMMER ドライTシャツ の特徴
    • ブランド
    • サイズ展開
    • カラーバリエーション
    • 素材/生地感
    • 形状/縫製
  2. プリント方法
    • インクジェットプリント
    • ホワイトインクジェットプリント
    • IMシルクスクリーンプリント
    • 昇華転写
  3. こんなシーンで使いたい・編集部からのおすすめポイント
    • スポーツチームや部活の練習着、ユニフォームとして
    • 飲食店や施設用スタッフウェア、屋外での作業着などに

GLIMMER ドライTシャツ の特徴

ブランド

1ロゴ

プリンタブルウェアの老舗「トムス」が展開する、機能性・着心地を重視したスポーツアイテムを取り扱っているブランドがglimmerです。
「発想を着よう」というコンセプトで、スポーツをはじめ、さまざまなアクティブシーンで活躍するウェアを幅広く取り揃えています。
学校や各種団体、チームのスポーツウェアとして、また機能性の高さから店舗やイベントでのスタッフウェアとして幅広い層から支持を集めています。

サイズ展開

pc2サイズ表
3着用画像
モデル身長:184cm Lサイズ着用

GLIMMER ドライTシャツは大人用サイズだけでもSS~5Lの8サイズと、とにかくサイズ
展開が豊富な点が魅力です。
チームや団体、店舗などでお揃いのウェアを作るにはぴったりのアイテムです。

大人用サイズのほか、レディース・キッズサイズもご用意しています。
GLIMMER ドライTシャツ(キッズ)
GLIMMER 4.4oz ドライTシャツ(レディース)

カラーバリエーション

4カラーバリエーション

サイズだけではなく、Tシャツのカラーバリエーションはなんと50色展開!
定番人気のホワイト・ブラックをはじめレッド・ブルー・イエロー・グリーンなども豊富な色合いのカラーが揃っています。
単色のほか、首リブと本体でバイカラータイプになっているシリーズもご用意しています。
チームや店舗のイメージカラーに合う1枚がきっとみつかります。

素材/生地感

5生地表面

スポーツやアクティブシーンで快適に着られるドライ素材100%を使用しています。
速乾・吸汗性に優れたメッシュ素材を使用しており、速乾性能はなんと綿素材のTシャツの2倍以上!

6生地目

汗をかいてもサラサラで柔らかな肌触りが続き、なめらかでさらっとした着心地です。

インナーやトップスとして、オールシーズン着られる1枚。
ホワイトは若干の透け感があります。気になる方はインナーの着用をおすすめします。

7透け感

形状/縫製

8形状

Tシャツのサイドの縫製は丸胴ではなく横縫い仕様。
洗濯を繰り返してもTシャツの形が崩れにくいため、何度も洗って使用するスポーツシーンやスタッフ用ウェア、ユニフォームなどにぴったりの丈夫な作りになっています。

9裾

首リブや袖、裾部分も伸びやヨレを防いでくれる丈夫なダブルステッチ仕様です。

プリント方法

インクジェットプリント・ホワイトインクジェット

10インクジェット
11ホワイトインクジェット

オリジナルプリント.jpではドライ素材のTシャツにもフルカラーのインクジェットプリントに対応しています。
インクをTシャツに直接吹き付け、乾燥させて加工します。

単色のデザインはもちろん、写真など色数が多いデザインやグラデーションの表現も可能で、細かいデザインの再現も得意です。

白や淡色のTシャツでは白いインクを使用しない「インクジェットプリント」、ブラックやレッドなど濃色のものは「ホワイトインクジェットプリント」でホワイトのデザインも再現が可能です。

IMシルクスクリーンプリント

12シルクスクリーンプリント

1色で文字やロゴデザイン、イラストなどをTシャツにプリントできる加工方法です。
シルクスクリーンのインク独特の風合いが好きな方にもおすすめ。

通常のシルクスクリーン印刷はプリントをするために製版という工程が必要になり、版代はインクの色数にもよりますが数千円~2万円程度かかってしまいます。
そのため1枚~小ロットでの作成には向かないのですが、オリジナルプリント.jp独自の「IMシルクスクリーンプリント」は、従来の加工方法を見直し、その結果製版コストを抑えることに成功!
版代なんと0円でシルクスクリーンプリントがお楽しみ頂けます。

IM転写

13IM転写

襟タグプリントと同じ専用のシートにデザインをプリントし、圧着させて加工する方法です。
フルカラー表現が可能で、綿やポリエステルなどさまざまな素材のTシャツにプリントができます。
一般的な転写プリントのツルツル感がなく、自然な風合いに仕上がるイメージ・マジック独自の転写プリントです。

シルバー反射プリント/フルカラー反射プリント

14反射プリント

フラッシュ光を当てることで反射する再帰性反射という特徴をもったシートをオリジナルのデザインの形にカットしてプリントができます。
明るい場所では落ち着いた色味ですが、暗い場所で光を当てると反射して明るめの色味になります。

野外イベントや夜道での防犯対策として人気のプリント方法です。シルバー1色もしくは、フルカラーのデザイン表現が可能です。

昇華転写

15昇華転写

転写紙とよばれる専用紙にデザインをプリントし、高温の熱をかけてTシャツにプリントさせる方法です。
インクがしっかりと生地に浸透し洗濯を繰り返しても落ちにくいところと、写真などの微妙な色合いの変化も鮮やかに再現できるところがポイント!
美しい写真をプリントしたこだわりのTシャツを作成したい!という方におすすめです。

昇華転写をご希望の方は、フォトTシャツで作成が可能です。

このほかにもGLIMMER ドライTシャツはさまざまなプリント方法で作成が可能です。ぜひTシャツの詳細ページをご覧ください。

GLIMMER ドライTシャツ

こんなシーンで使いたい

スポーツチームや部活の練習着、ユニフォームとして

16ユニフォーム

汗をかいてもすぐに乾き、快適な着心地が続くGLIMMER ドライTシャツは、まさにスポーツ・アクティブシーンでの利用にぴったり!
サイズ展開が豊富なため、子供から大人までお揃いのチームウェアを作ることが可能です。

飲食店や施設用スタッフウェア、屋外での作業着などに

17スタッフウェア

調理をしたり動くことの多い飲食店や、スポーツジムなどのスタッフ用のウェアとして、
また屋外での作業が多い現場仕事などの仕事着としても活用できます。
豊富なカラーで店舗や企業ロゴと合わせたオリジナルTシャツが作成できます。

まとめ・編集部からのおすすめポイント

ドライTシャツの中で特にロングセラーを誇るGLIMMER ドライTシャツは、これからスポーツウェアやチームウェアの作成をご検討されている方におすすめです。
カラー、サイズがとにかく豊富なので、あらゆるシーンやイベントで活躍してくれる1枚です。

いかがでしたか?
素敵なオリジナルTシャツ作りの参考になれば嬉しいです。

GLIMMER ドライTシャツを作ってみる

※アイテム代・プリント代のほか、各サービスの内容は記事掲載当時のものです。
予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※カラーやサイズ展開などはオリジナルプリント.jpで販売しているものを掲載しております。

関連記事