オリジナル缶ケースで手作りキャンドルを楽しもう!

  1. 3188 view

もうすぐハロウィン♪キャンドル

halloween3-1a
もうすぐハロウィンです!
ハロウィン気分を高めるために、オリジナルプリント.jpでカボチャのデザイン缶をつくってみました!
ハロウィンのデザインテンプレートがたくさんあって迷いましたが、やっぱりハロウィンにはカボチャです。
自分で考えることなくこんないかわいいデザイン缶がつくれてラッキーです♪
この缶をつかってハロウィンキャンドルをつくってみます。

<材料>
全面印刷 アルミスクリュー缶(L)
・ワックス
・色付きのキャンドル
・ジェルキャンドルキット
・カラーシェル

お手軽に色のついたキャンドルを使って100円均一で売っているゼリーキャンドルとワックスを基本につくってみます。

ワックスやキャンドルを溶かす時はもちろん、溶けたワックス自体もとても熱くなっています!
火を使う作業はお子さんだけで行わないようにしてください。
今回はハロウィンカラーにしてみましたが、好きなカラーでマーブル模様やドットなどアレンジは無限大です!
色付きのキャンドルを溶かす他にも、クレヨンで色をつけることもできますし、専用のキャンドルカラーもあるのでキャンドル作りにハマったら是非チャレンジしてみてください

<作り方>

①キャンドル芯を設置

halloween3-2

中央に設置します。
金具の底に溶けたロウをつけてあげると簡単に固定できます。

②ワックスを用意

halloween3-3

ワックスを耐熱の容器に入れて湯煎して溶かします。

③そそいで固める

halloween3-4

熱くなっているので、手につかないように気をつけながら器にそそぎます。
この時、芯を割りばしなどで挟んであげるとまっすぐ立ったままそそぐことができます!

halloween3-5

固まるまでしばらくこのままおいておきましょう。

④色付きキャンドルも溶かして固めます

halloween3-6

⑤デコレーションして完成!

halloween3-7

そしてこっそり湯煎しておいたジェルキャンドルを上からそそいで完成です!
熱くなっているのでジェルが手につかないように気をつけてください。
ハロウィンカラーでデコレーションしたら賑やかでかわいくなりました!

halloween3-8a

⑥器にしたグッズはこちら

halloween3-9

全面印刷 アルミスクリュー缶(L)

錆びにくいアルミ製のスクリュー缶です。蓋の全面にフルカラープリントができます!
OPP袋で個装されての出荷になります。この商品をデザインする

火を灯して溶けていく段階でオレンジとパープルが混ざったらいいなーという淡い期待の元に作りましたが、上手くいくかは火を灯してからのお楽しみですね!

halloween3-10

あーーー!ハロウィンのテンプレートを使ってみたのですが、文字を入れられるところを「TEXT」のままにしてしまいました……ケアレスミスが多すぎる。
本来なら「Trick or Treat」と入れたかったです。
他にはお友達の名前を入れたり、魔女っぽいデザインにして香り付きのアロマキャンドルにするのも楽しそう!

おわりに

ビギナーズラックがあるかと思ったのですが、私が不器用すぎてキャンドルつくりの良さが伝わらなかったらどうしようかとハラハラしています。
みなさんならきっとステキなキャンドルがつくれると思うので、ぜひチャレンジしてみてください♪

私はつくったキャンドルをお風呂や寝室で楽しみたいと思います^^
そうしたら私もお手軽に「1/fゆらぎ」のGETとなるわけです!癒しの時間を楽しみに毎日をすごしていきたいです。
これからもつくってみることの楽しさをお届けしていきます!

※アイテム代・プリント代のほか、各サービスの内容は記事掲載当時のものです。
予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
1 2

3

関連記事