お家でマタニティフォトを撮ろう!

  1. 2720 view

タトゥーシール

ボディペイントのかわりにはタトゥーシールがおすすめです。
絵具で描きながら修正するのって絵がくずれたり服についたりして大変。タトゥーシールをデザインツールで作成すればすぐに修正もできて、あとは届いたものを貼るだけ!剥がす時もテープでペタペタくっつけて剥がせばOKなので簡単です♪

書きにくいフォントをタトゥーシールで!

イラストの部分はペイントにチャレンジ!
だけど書きたい文字のフォントが難しい……。そんな時は文字だけタトゥーシールでつくってみませんか?
タトゥーシール1

写真をプリントして親子撮影

お腹のアップを撮ろうとすると顔が映しにくかったり、身体全体を入れることになってせっかくのペイントが小さくなってしまうことがあります。
それなら家族の写真をプリントしてお腹に貼っちゃうのもありかもしれません^^
タトゥーシール2

スタンプを使って散りばめたデザインをつくろう

100円均一で造花やネイル用のビジューなどを買って立体的な表現をすることもできるので、そのベースとしてタトゥーシールを使うのもありです!
葉っぱのようなタトゥーシールの上に花びらを貼ったり、お星さまのデザインのタトゥーシールの周りにビジューを貼ってみたり。簡単に3Dペイント風を楽しめます。
タトゥーシール3
スタンプがたくさんありすぎてチョイスが難しいですが、グリッドを表示してタトゥーシールが何センチくらいになるかも確認できるので作りやすいと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
この日のためだけのオリジナルグッズを作ることはもちろんですが、アイディア次第ではおしゃれなグッズとして普段使いできます。
赤ちゃんが生まれた後のニューボーンフォトやアニバーサリーフォトにも使えるデザインにしておくと成長の記録にもなりそうですね!

実際に作ったオリジナルグッズで撮影してみた記事が、今後書けたらいいなと思います。

ちなみに撮影した写真を飾るときには優しい雰囲気のファブリックパネルや、いつまでも美しいアルミフォトパネルがおすすめです^^

いつものお部屋やグッズにオリジナルをプラスしてあげるだけで毎日がちょっと楽しくなるかもしれません。
これからも「それもありだなぁ」って思ってもらえるようなアイディアが出せるようにがんばります!

※アイテム代・プリント代のほか、各サービスの内容は記事掲載当時のものです。
予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
1 2

3

関連記事