素材?厚み?オリジナルTシャツつくるなら知っておきたい3ポイント

  1. 2458 view

こんにちは。+you.ORIGINAL 編集部です。

夏が近づくに連れ、薄着で快適に過ごせる日が増えてきましたね!

なかなか出かけることも難しいこのご時世ということもあり、私は5月中頃から毎日ずーっとTシャツで過ごしています。お気に入りはやっぱり綿100%!

家で過ごすときはもちろん、ちょっと買い物に出るときもとにかく楽…持っているTシャツの色も白や黒が多いので、ボトムスを悩まないところも魅力です(笑)

さて、そんなTシャツですが、最近は簡単につくれるということでオリジナルTシャツづくりに挑戦する方が増えている印象です。みなさんの周りにも自分でTシャツつくってみたよ!という方、多いのではないでしょうか?

オリジナルTシャツ

趣味で自分で描いたイラストや撮影した写真、友だちどうしでおそろいグッズとしてつくってみたり、オンライン上で個人でもネットショップを開きやすくなったことで、自分でデザインして販売している人も多く見かけます。

そんなさまざまなところでつくられているTシャツですが、実際自分でTシャツをつくろう!となったとき、みなさんだったらTシャツの何を重視しますか?

Tシャツの生地?色?厚み?着心地?それとも…コスパ?

実は一口に「Tシャツ」と言っても、選ぶ要素って結構多いんですよね。またTシャツをつくった後は1回だけ着て終わり、ということは少ないと思います。

普段着として着まわしたり、これは着倒したな…というときにはパジャマ行きにする方、多いですよね?私はそうしてます(笑)

ということで今回の記事では、Tシャツづくりをするなら知っておいてほしい、Tシャツ選びのポイントを「厚み」「素材」「Tシャツの形」の3つに注目してご紹介したいと思います。どのTシャツもオリジナルプリント.jpでつくることができますよ~!

この記事を読んで、みなさんもこだわりの1枚をつくってみてくださいね!^^

■生地の厚み

1生地の厚み

Tシャツの生地の厚みはさまざまですが、一般的に厚みを示す単位・基準として、oz(オンス)というものが使われています。

ozというのは、正確には生地の厚みそのものを表すのではなく、1平方ヤードという面積に対して生地がどれくらいの重さがあるのかを表しています。
1oz=1平方ヤード(90cm四方くらい)=約28.35gくらいの重さです。
なので、ozの数が2oz、3ozと増えれば増えるほど生地が重くなるので、結果的に生地が厚くなる、というイメージです。

もともとTシャツはアメリカで主流となった衣類なので、ヤードという考え方もそれが理由のようですね。

ozについてもっと知りたい方はこちらをチェックしてみてください!
oz(オンス)とは?

それでは、oz別におすすめのTシャツをご紹介していきます。

■4oz~

普段Tシャツの厚みを気にしない方でも、薄いなと感じるくらいの薄手です

Printstar スーパーライトTシャツ

2スーパーライトTシャツ

オリジナルプリント.jpが取り扱う中で究極に薄手の4.0ozです。ぺらっとした綿100%の生地感で、薄手でさらっとしているので着心地は快適です。ホワイトは特に透け感が目立つので、インナーの着用がおすすめ!厚手生地に比べ当然価格は安くなるので、販促用途でも取り入れやすいTシャツです。

Tシャツの詳細はこちら:Printstar スーパーライトTシャツ

United Athle 4.1oz ドライアスレチックTシャツ

3United Athle 4.1oz ドライアスレチックTシャツ

こちらもTシャツの中では薄手の4.1oz。先ほどのTシャツとは異なりポリエステル100%でできているので、暑い季節に汗をかいてもすぐに乾く「吸汗速乾」がポイントです。
スポーツや屋外イベントなどでも活躍してくれる1枚です。淡いカラーのものはこちらも透け感に注意しましょう。

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 4.1oz ドライアスレチックTシャツ

■5oz~

Tシャツの中ではスタンダードな厚みです。オリジナルプリント.jpでは一番人気!

United Athle 5.6oz Tシャツ

4United Athle 4.1oz ドライアスレチックTシャツ

カジュアルウェアの老舗「United Athle」が展開する人気No.1のTシャツ。
ある程度ざっくりしたボリューム感はあるものの、さらっとした綿100%の生地感が重みを感じさせず、ほどよい着心地が人気の1枚です。
カラー展開も豊富なのですが、白や淡色系の生地を選ぶときは透け感の気になる方はインナーの着用がおすすめです。

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 5.6oz Tシャツ

Printstar ヘビーウェイトTシャツ

5Printstar ヘビーウェイトTシャツ

音楽ライブやイベント物販でもよく利用されている、Printstar王道のヘビーウェイトTシャツ。先ほどの5.6ozのTシャツと厚みは同じですが、個人的にややかっちりとした重厚感のある印象のTシャツです。
こちらもカラー展開が豊富で、首リブと本体でバイカラーになっているタイプも展開されています。

Tシャツの詳細はこちら:Printstar ヘビーウェイトTシャツ

■6oz~

一般的なTシャツの中ではやや厚手。長く大切に着たいならおすすめです

United Athle 6.2oz Tシャツ

6United Athle 6.2oz Tシャツ

程よい重厚感が楽しめる6.2ozのTシャツは普段着で何度も着ましたいならおすすめのTシャツです。何度も着用することを想定され、Tシャツの首リブの伸びや洗濯縮みを軽減してくれる工夫が施されています。単色から濃色まで幅広いカラー展開も魅力です!

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 6.2oz Tシャツ

Cross Stitch オープンエンドマックスウェイト ポケットTシャツ

7Cross Stitch オープンエンドマックスウェイト ポケットTシャツ

6.2ozと丈夫な厚みに加え、オープンエンド糸という空気を多く含んだ糸を使用してつくられた生地で、ざっくりとした風合いのカジュアルテイストが楽しめるTシャツです。
カラー展開はシックなラインアップが揃っており、落ち着いた印象に仕上がります。胸ポケットがシンプルなシルエットのアクセントに。

Tシャツの詳細はこちら:Cross Stitch オープンエンドマックスウェイト ポケットTシャツ

■7oz~

超ヘビー級の7oz!アメリカンカジュアルテイストを楽しむならおすすめ

United Athle 7.1oz Tシャツ

8United Athle 7.1oz Tシャツ

厚手でがっしりとしたアメリカンカジュアル風の印象で、今人気の厚手7.1ozTシャツです。ここ数年トレンドのビッグシルエットな雰囲気にしたいなら、いつもよりも1~2サイズ大きいものを選ぶのがポイント!肉厚Tシャツなので洗濯耐性はばっちりです。長く着ていても首や裾がヨレてきません。

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 7.1oz Tシャツ

Printstar 7.4oz スーパーヘビーTシャツ

9Printstar 7.4oz スーパーヘビーTシャツ

オリジナルプリント.jpで扱うTシャツの中では一番ヘビーな7.4oz生地のTシャツです。トップスに着るだけでインパクトが出る1枚。どっしりした生地感のTシャツですが、綿100%でさらっとした肌ざわりが快適です。

Tシャツの詳細はこちら:Printstar 7.4oz スーパーヘビーTシャツ

生地の厚みが変わってくると、当然着心地も変わってきます。
つくるTシャツをどんな用途・シーンで着用したいのかイメージしながら、生地の厚みに注目して選んでみてはいかがでしょうか。

■生地の素材

Tシャツの生地には綿やポリエステル、あるいは2つ以上の素材を組み合わせて使われているものもあります。それぞれ通気性や吸水効果、UVカット効果などさまざまな特徴を持っています。

■綿100%

GILDAN ジャパンフィットTシャツ

10GILDAN ジャパンフィットTシャツ

世界のプリンタブルウェアメーカー「GILDAN」が日本人の体型にフィットするよう開発した1枚です。綿100%素材のTシャツは多数存在しますが、このTシャツもその1枚。
5.3ozとスタンダードな厚みで普段着やリラックスタイムにもヘビロテしたくなる1枚です。洗濯耐性もしっかりしています。ホワイトはインナーを着用しましょう。

Tシャツの詳細はこちら:GILDAN ジャパンフィットTシャツ

5.3oz タグなしTシャツ

115.3oz タグなしTシャツ

同じ綿100%でも、着用したときにすっと肌に馴染むような、なめらかな肌ざわりが心地良いTシャツです。通常プリントTシャツは脇下に縫い目のない「丸胴」が主流ですが、こちらのTシャツは縫製されているため、洗濯を繰り返してもヨレ・伸びを防いでくれるメリットがあります。若干お値段が上がりますが、老若男女に愛される1枚です。

Tシャツの詳細はこちら:5.3oz タグなしTシャツ

■ドライ素材

汗をかくスポーツ・アウトドア・屋外での作業におすすめ!

GLIMMER ドライTシャツ

12GLIMMER ドライTシャツ

ドライ素材のTシャツの中では王道のGLIMMER ドライTシャツ!生地の吸汗速乾効果で汗をかいてもすぐに乾き、肌に触れる裏面の生地はメッシュ素材になっているため蒸れずに快適な着心地が続きます。
紫外線防止指数もUPF20で安心。紫外線対策ドライTシャツの中では堂々のカラーラインアップです!

Tシャツの詳細はこちら:GLIMMER ドライTシャツ

United Athle 4.7oz ドライシルキータッチTシャツ

13United Athle 4.7oz ドライシルキータッチTシャツ

より上質なドライTシャツを探しているならぜひおすすめしたい1枚です!ドライTシャツのなんとなくゴワっとした質感の印象を払拭する、なめらかな肌ざわりが病みつきになるTシャツです。さらにUPF50+と高効 果!屋外でスポーツ・アウトドアを楽しみたい方におすすめです。

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 4.7oz ドライシルキータッチTシャツ

United Athle 5.6oz ドライコットンタッチTシャツ

14United Athle 5.6oz ドライコットンタッチTシャツ

ドライ素材は汗をかいても着心地快適なのはいいんだけど、普段着にするにはちょっと…そんな悩みを解決してくれる1枚がこちら!吸水速乾効果、UPF15で紫外線対策などのドライ素材特有の機能を持ちつつ、見た 目や質感はまるで綿素材といいとこどりのTシャツです。プリントをきれいに見せてくれる効果もあり、涼しく快適にオリジナルTシャツが楽しめますね。

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 5.6oz ドライコットンタッチTシャツ

■混紡素材

2種類以上の素材を組み合わせることで機能性や風合い豊かなTシャツに

rucca 6.2oz CVCフライス Tシャツ(レディース)

15rucca 6.2oz CVCフライス Tシャツ(レディース)

綿70%・ポリエステル30%の割合でつくられたこちらのTシャツは、やわらかい肌ざわりを残しながら、同時に通気性や汗をかいても吸水し速乾してくれるハイブリットな生地でつくられています。暑い季節に着用 することの多いTシャツでは嬉しいポイント!「フライス生地」とはリブ編み・ゴム編みともよばれていて、伸縮性に富んでいるという特徴があります。

Tシャツの詳細はこちら:rucca 6.2oz CVCフライス Tシャツ(レディース)

United Athle 4.4oz トライブレンドTシャツ

16United Athle 4.4oz トライブレンドTシャツ

名前の通り3種の素材(綿・ポリエステル・レーヨン)を配合してつくられた生地を使用しています。異素材が組み合わさることで模様のように見え、変わった風合いが楽しめる1枚です。
4.4ozとやや薄手で、生地のやわらかさとなめらかな着心地がくせになります。

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 4.4oz トライブレンドTシャツ

使われている素材によってさまざまな効果があるので、普段着にしたいのかスポーツ用にしたいのか、Tシャツの用途によって素材にもこだわってみてはいかがでしょうか?

■Tシャツの形

最後はTシャツの形に焦点を当ててみたいと思います。男女兼用で着られるもの、女性の体型に合わせたもの、ビッグシルエットなど、形状もさまざまなものがあります。

■ユニセックス向け

United Athle 5.6oz Tシャツ

4United Athle 5.6oz Tシャツ

オリジナルプリントウェアは男女兼用タイプが多く、United Athle 5.6oz Tシャツもそのうちの1枚。会社や店舗、販売用などで多くの人が利用できます。

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 5.6oz Tシャツ

■レディース向け

United Athle 5.6oz Tシャツ(レディース)

17United Athle 5.6oz Tシャツ(レディース)

女性の体型に合せて、身体のラインや首回りがきれいに見えるように工夫されたレディース向けTシャツも、オリジナルプリント.jpでは多数展開しています。

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 5.6oz Tシャツ(レディース)

■ビッグシルエット

United Athle 5.6oz ビッグシルエットTシャツ

18United Athle 5.6oz ビッグシルエットTシャツ

ここ数年ずっとトレンドになっている「ビッグシルエット」。細身のパンツやスカートにだぼっとしたサイズ感のTシャツを合せることでよりラフなカジュアルスタイルが演出できます。写真やロゴマークを大きく プリントして、インパクトのあるTシャツをつくってみてはいかがでしょうか?オーバーサイズなので筆者は体型隠しにも重宝しています…

Tシャツの詳細はこちら:United Athle 5.6oz ビッグシルエットTシャツ

いかがでしたか?
みなさんがオリジナルTシャツをつくるときの参考になればとても嬉しいです!

今回ご紹介したTシャツのほか、オリジナルプリント.jpではさまざまなTシャツアイテムを展開しています。
みなさんの これだ!というTシャツが見つかりますように…!

※アイテム代・プリント代のほか、各サービスの内容は記事掲載当時のものです。
予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事