飼い主さん必見!うちの子の写真でダイカットクッションをつくってみた!

  1. 11480 view

こんにちは。+you.ORIGINAL 編集部です。

昨年あたりからおうち時間が増えて、新しくペットをお迎えしたご家庭も多いのではないでしょうか?一緒に遊んだりごはんをおいしそうに食べたり、落ち込んだときにはそっと寄り添ってくれたり、とっても癒やされますよね。

気がつくとそこにいてくれて、いつの間にかそれが当たり前になっている、大事な家族の一員のペット。少しでもペットとの思い出を形に残せたら素敵だと思いませんか?

動物ダイカットクッション1

そこで今回は、我が家の愛犬の写真を使ってオリジナルのペットグッズをつくってみよう!ということで、最近リリースされた「ダイカットクッション」の作成にチャレンジしてみました^^

撮影した写真をグッズにするところまでの手順を一つずつご紹介していきます。

大まかな手順としては、「ペットの写真を撮る」→「余分な背景を消す」→「できた画像をアップロードする」たったこれだけ!自宅のパソコンやスマホを使って、簡単に作成できちゃいます^^ペットを飼っている方必見!ぜひ、みなさんのおうちの子で挑戦してみてくださいね!


では、さっそくつくっていきましょう!

・まずはうちの子の写真を準備します

動物ダイカットクッション2

我が家のアイドルを撮影していきます^^

もちろん、すでにお手持ちの写真でもOK!せっかくならお気に入りの1枚、とっておきの思い出の1枚を準備してみましょう!全身が映るような写真がおすすめです。

・写真の背景を透過します

動物ダイカットクッション3

撮影したままの写真だと、クッションにしたいワンちゃんや、ネコちゃん以外の部分に余白がついてしまっているため、プリントをしたときに一緒に背景もプリントされてしまい、イメージ通りの形になりません…。

動物ダイカットクッション4

こんなかんじで、プリントしたいワンちゃんや、ネコちゃんの以外を部分を削除(=背景を透過する)しましょう。

透過の仕方は、過去記事でも詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね^^

参考記事:ちびっこ画伯あつまれ!おえかきをプリントしたオリジナルグッズをつくってみよう

・プリント用データの完成

動物ダイカットクッション5

背景を透過したデータが完成しました!これで準備OKです!

オリジナルプリント.jpでダイカットクッションを選択します

動物ダイカットクッション6-pc動物ダイカットクッション6-sp

今回は、最大100cm×100cmサイズの「動物ダイカットクッション」で作成したいと思います!

こちらのサイズ以外にもダイカットクッションには、最大50cm×50cmサイズで大迫力のおもしろグッズもつくれる「顔面ダイカットクッション」や、赤ちゃんの等身大がつくれる「赤ちゃんダイカットクッション」、最大180cm×100cmサイズで人間の等身大もつくれる「等身大ダイカットクッション」もご用意していますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね^^

・デザインツールで透過したデータをアップロードします

動物ダイカットクッション7-pc動物ダイカットクッション7-sp

動物ダイカットクッションを選択し、「デザイン・見積もりへ」ボタンを押して数量を選択すると、デザインツールという画面に移動します。

デザインツール内の「写真・データ」というところを押して、できあがったデータをアップロードします!スマホ版では「画像追加」というボタンを選択すると画像のアップロードが可能です。
アップロードしたデータはプリント範囲内でサイズを自由に指定できます。画面右上の「グリッド表示」でグリッド線を表示させると配置しやすいですよ^^

・イメージ図が完成!

動物ダイカットクッション8-pc動物ダイカットクッション8-sp

配置し終わったら「デザインを確認する」ボタンを押して完成イメージ図を確認し、カートに入れて注文をします!

到着までドキドキです^^

・到着!うちの子と並べてみたら…

動物ダイカットクッション9

作成したうちの子クッションが到着!

クッションは仕上がりの大きさに関係なく、圧縮袋で圧縮した後に箱に入れてお届けされます。圧縮している影響でクッションの生地にしわが残る場合があるので、お早めの開封をおすすめします!

動物ダイカットクッション10

せっかくなので、我が家の愛犬とうちの子クッションを対面させてみました!今回は等身大よりかなり大きめにつくってみたのでびっくりしたようです。

動物ダイカットクッション11

いかがでしたか?

世界でたったひとつのオリジナルクッションは、全国のペット飼い主のみなさまが思わず誰かに自慢したくなること間違いなしです!

また今回ご紹介したクッションは、ペットを亡くした方へのメモリアルや動物は大好きだけど様々な事情があって飼うことができない…という方にもおすすめです。

ぜひ、みなさんもオリジナルのペットグッズを作成してみてくださいね^^

動物ダイカットクッションをつくってみる

ダイカットクッション一覧

※アイテム代・プリント代のほか、各サービスの内容は記事掲載当時のものです。
予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事