子供の手形で思い出をTシャツやマグカップにのこそう!

  1. 2158 view
今年は長い梅雨と台風で夏が短かったように感じます。
日照時間が短かったせいか、家のヘチマもガリガリです。
こんにちは。+you.ORIGINAL 編集部です。

みなさん今年の夏はどんなことをしましたか?
私は海かキャンプかBBQ、映画もみたり一日寝ていたり!
帰省や旅行をされた方も多いのではないでしょうか?

まだ小さい姪っ子と甥っ子がいるので、みんなでBBQをした時は、誰かが監視してないと何が起きるかわからないドキドキがありました。
それでも笑顔をみると癒されます。一瞬。ほぼ戦いですからね。
バーベキューソースのついた手でいろんなところをベタベタと……もうこういう模様の洋服だったかなと思うことにしました。

でもそれを見てひらめきました!
もしかしたら覚えていないかもしれないこのBBQの思い出を、写真だけじゃなくて手形でも残したら、どれくらい自分が小さかったのかとか、すごした時間とかが思い出せるかなと。

子供たちだけじゃなくて、家族で残したり、お友達と残したり。
成長の早い子供たちのその瞬間の思い出をとっておくことに、手形や足形ってピッタリです!
おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにしても喜ばれそうですね♪

今回は足形や手形をグッズにプリントする方法を書いてみます。

〇手形をどうやってデータにするの?

手形をどうやってデータにするの?
最初の問題はここです。
絵具や粘土で手形を残しても、どうしたらプリントまでもっていけるのか。
難しいような感じがしますが、たったの2ステップで大丈夫です!

用意するもの
・グッズにしたい手形や足形
・スマホorスキャナー

これだけでOKです!
ではさっそく作業してみます。

①グッズにプリントさせたい手形をとります。


絵具でスタンプのようにカラフルに残すのは楽しいですよね。
砂に型押ししてもかわいいですし、もちろんバーベキューソースでもOKです!

ポイント!

・グッズに背景が入ってほしくない場合は、なるべく白い背景で作成しましょう。

まだお肌の弱い子供たちに絵具をつけることに抵抗があったりしますよね。
お肌が荒れたらどうしようって心配になります。
キッズ用品をおいているお店に専用のインクが売っていたりもしますし、水性の絵具ならすぐに洗い落とせるので安心です。

ただし、墨汁や油絵の具はもちろん、アクリル絵の具も皮膚への使用はやめましょう。
石油や鉱物、有害な化合物などから作られているものがありますので誤って子供たちの口に入ったら大変です。

楽しく安全にすてきな思い出を残しましょう♪

②スマホで撮影orスキャナーで取り込み


一番お手軽な方法は、作成した手形をスマホで撮影する方法でしょうか。
紙や現像した写真等は、スキャナーで取り込んめば余計な影が写りこむこともなく、均一に光があたるため色のムラなども起こりにくいのでおすすめです。

ポイント!

・背景込でグッズにしたい場合は、写真の背景を広めに撮ると加工しやすいです。
・撮影の際に影が入らないようにしましょう。期せずしてプリントされてしまうことがあります。

この2ステップで、リアルからデジタルになります!
スマホやパソコンの画像編集で色を調整しておくと満足度が上がるかもしれません♪

よければこちらの説明も参考にしてみてください^^
Q:紙に描いた自作の絵を使ってTシャツを作りたいのですが、画像編集ソフトを持っていない場合はどうしたらいいですか?
家族の手形プリントTシャツ
子どもの成長が嬉しくなる 手形をプリントしたマグカップ
次のページではさっそく色々なグッズを作ってみます♪

1

2 3 4

関連記事